規定の利用料金より大きい額の請求が来た

わたしは、月に1回、出会い系サイトでデートしてくれる相手を探している、24歳のドラッグストア店員です。

なかなか自分が好きになれそうな男性が見つからず、彼氏ができないので退会してしまったのですが、その退会後に、利用料金が大変なことになっているのを知りました。

まず、わたしが利用したサイトの利用料金はもともと、一ヶ月二千円の筈でした。

しかし、二千円どころか、請求された金額は二十三万円。

あまりにも桁が違い過ぎて、一瞬冗談かと思ったのですが、出会い系サイトの運営に問い合わせたところ「別のコンテンツを利用されたので、その分の料金が加算となります」とのことでした。

しかし、規約を見てもどうもそういった別料金についての記述がありません。

思い切って警察に相談してみた結果「そんなの誰の携帯にも届くけど、払う人いないでしょ」と言われました。

結局、出会い系サイトからの高額請求は悪質化し、請求メールが日に何十通も届くようになりました。

無視するしかないので無視で通していましたが、あまりにも酷いので最終的にはメールアドレスを変更することにしました。

悪質サイトに手を出した自分もいけなかったのですが、利用規約通りの請求をせずに利用者から料金を巻き上げようとするなんて、本当に信じられません。

想定していた月額の利用料金を大幅に上回る請求がきた

最近、出会い系サイトからかなり高額な請求が届きました。

内容は、「登録料三千百五十円、利用料五万二千百円、延滞損害金は六万円です」というもの。

最初は、自分は出会い系サイトをこんなに使ってしまったのかと反省する気持ちの方が強かったのですが、よくよく考えてみると、たかが一ヶ月使っただけでこんな料金になるはずありません。

自分で法定金利を調べてみると、延滞損害金の場合は14.6パーセント以下。

わたしに来た分の請求は明らかにその法定金利を上回っていました。

「こういう不当な料金なら払わなくていいや、無視しよう」とその後は無視していましたが、その後、出会い系サイトからは請求がバンバン来るように…。

普段は課金なし無料出会い系サイトを利用しているのにと思いつつも、かなり不快だったので、すぐに着信拒否にしたのですが、その後もメールアドレスを何度も変えながらこちらに請求メールを送ってくるので、本当にうんざりするような気持ちでした。

今では、自分のメールアドレスを変えているので、もうあのときのようなメールは来ないのですが、本当に不快で、二度と出会い系サイトなど利用するものかと思いました。

ちなみに、その出会い系サイトは事業活動の届け出を出してなかったようなので、総務省に通告して閉鎖させました。